スポンサーリンク
スポンサーリンク

【一陸特】過去問を何年分勉強したらいい?出題傾向を徹底分析!令和6年6月期向け(第一級陸上特殊無線技士)

デジタルコンテンツ
この記事は約3分で読めます。

一陸特(第一級陸上特殊無線技士)の試験問題の多くは過去問から流用されてきました。

では、過去問をどれだけさかのぼって勉強したら良いのか、皆さん悩みますよね。

ムセンボーヤ!!独自に徹底分析しました。
分析には多くの時間と労力がかかっており、
なかなか他サイトには出せないであろうムセンボーヤ!!ならではの極秘情報です。

本記事は【一陸技】過去問を何年分勉強したらいい?出題傾向を徹底分析!の一陸特バージョンです。
同様の手法を用いて独自に分析しております。

分析にはアプリ機能と同じデータを用いています。
分析内容の精度について心配な方は、まずはアプリを触ってみてご納得いただいてからのご購入が良いと思います。

なお、不定期に問題パターンなどのデータベースを見直すことがあり、それに伴い分析結果が多少影響を受けることがありますが、大きく変わったことはありません。

※本記事は有料となります。
※以降は、無料サンプルです。
※法規の販売予定はありません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

メールの受信チェック

【2024/6/2】
以下のフォームよりメールの受信チェックができない状況が続いていましたが、復旧いたしました。
ご迷惑をおかけし申し訳ございません。

ダウンロード用URLが届かないことがあるようでたびたびお問い合わせをいただきます。

ご迷惑をおかけし大変申し訳ございません。

メールのセキュリティレベルにより届かないことがあるかもしれません。

事前にmusenboya.comのドメインからのメールが届くかどうか簡易チェックできるフォームを用意しました。

ご購入の前にお試しください。

Hotmail等のMicrosoftのメールアドレスは届きません。
メールが届かない場合、迷惑メールボックスをご確認お願いいたします。

    メールアドレス必須

    分析内容の概要

    平成23年6月期から令和6年2月期までの過去38期分(3期/年)、全76回のデータを徹底分析しました。

    そのデータをもとに平成28年6月期以降の試験について、

    『過去問からの流用問題で何点取れたか』

    を調査しました。

    この記事では

    合格するためには何期分の過去問を勉強すれば良いかを判断するための目安

    がわかります。

    結論:おすすめは●●●

    『無線工学』のおすすめは、●●●(有料記事にて公開)です。

    その分析内容をこれからご説明します。

    直近15期分から流用問題のみで獲得できた点数

    平成28年6月期以降の全試験回について、『各試験の直近15期分から流用問題のみで獲得できた点数』を調査しました。

    ※以下の画像は過去試験向けのものです。

    【一陸特(第一級陸上特殊無線技士)】各直近15期分から流用問題のみで獲得できた点数の内訳

    続きは有料記事にて公開です。

    ご購入はこちら

    ご購入の前に必ずこちらの記事をお読みください。
    当サイトの有料コンテンツの購入方法

    次のリンクから購入するとダウンロードができます。

    【一陸特】過去問何期分で合格?(工学)令和6年6月期向け

    サイズ:A4縦
    ファイルサイズ:1MB
    ページ数:11
    ダウンロード期限:2024/6/12
    ------------------------------------------------------
    【目次】
    分析内容の概要
    結論:おすすめは●●●
    直近15期分から流用問題のみで獲得できた点数
    午前
    午後
    分析
    流用問題のみで合格点が取れた直近の試験期数
    分析
    考察
    ------------------------------------------------------
    購入後に表示されるページよりダウンロードができます。
    メールでもダウンロード用URLを送付します。
    Hotmail等のMicrosoftのメールアドレスは届きません。
    メールが届かない場合、迷惑メールボックスをご確認お願いいたします。

    ¥300
    在庫切れ

    ※法規の販売は致しません。

    タイトルとURLをコピーしました